自分に似合うメガネ選びとは

メガネが欲しいけれど種類が沢山あり過ぎて、自分にどんなメガネが似合うのかわからないという人は多いです。自分に似合うメガネとはサイズやフェイスラインと合っているのかなど、多くの選ぶコツがあります。メガネを選ぶ基準の中でよく知られているのが、レンズの真ん中に黒目がきているのかどうか、ということです。レンズの真ん中に黒目がきているとメガネをつけていても自然に見せることが出来ます。

丸顔や縦長など人それぞれフェイスラインは違います。またメガネ選びはフェイスラインを目立たせることも打ち消すことも出来るのです。自然に見せるためにはなるべくフェイスラインを打ち消すようなメガネの形状を選びます。するとバランスが均等となり、より自然な印象を与えることが可能です。

メガネと眉毛の黄金比とは

フェイスラインや黒目の位置などに重点を置くことにより、メガネのサイズを自然に見せることが出来ます。特にメガネの高さも印象に大きく影響するのです。眉毛から顎の長さはメガネの長さが1対3から2対5くらいにおさまるくらいがベストであり、これはメガネと顔の黄金比とも呼ばれています。

メガネのフレームの上辺をトップリムと呼びますが、このトップリムのアーチと眉毛のカーブが沿うようになっていると収まりがよくなります。このときに注意しなければならないのが眉頭の位置です。フレームのスタート部分に眉尻に合わせる人もいますが、正しくは眉頭をフレームのスタート部分に合わせます。眉毛の位置やフレームとの比率により、より自然なメガネのサイズを選ぶことが出来ます。