まずはレンズの中心をチェックしよう

自分に合うメガネのフレームの色やデザインを考える時、特に注意したいポイントの一つは、メガネのレンズの中心に目がくることです。まず、レンズの中心と目の位置がずれていると視力に悪い影響を与える可能性すらあります。また見た目にもマイナスになりがちで、例えば目の位置がレンズの中央ではなく、内側になっているとより目、外側になっていると離れ目に見えてしまうので注意しましょう。

顔の幅はもちろん、目の間の幅や、鼻の高さなどは人によって大きく異なります。また最後に行われるフィッティングによって微調整して解消することもありますので、できる限り、実物を試着して確かめつつ、専門家によるフィッティングをして貰うようにしましょう。

メガネの横幅で迷った時は、自分の顔の形で考えてみよう

好みのデザインが複数あって迷ってしまうような時は、自分の顔のタイプ、輪郭、眉の形を意識して考えてみるのがおすすめです。例えば、一般的な傾向としては、顔が面長の場合は幅広タイプのスクエアやウェリントン、フェイスラインがシャープで三角形に近い顔の場合は丸みの帯びたオーバルなど、レンズ幅の狭いメガネも似合いやすくなります。 また、顔が大きく見られがちな場合、メガネのレンズの外側に余白があるとより一層顔が大きく見えてしまうので、できるだけメガネフレームの横幅と自分の顔の横幅が一致するようなデザインにしましょう。これらは一般的な傾向であり、各メガネのデザインや色によっては全く違った印象になることもありますので、やはり、実際にかけてみて合う・合わないをチェックすることが大切です。